JJet Hitter(ジェットヒッター)は、フォーム作りから実践感覚まで養える理想のニューバッティングマシンです。



ティーバッティングの問題点

【ティーバッティングによる練習目的】
ティーバッティングを行う目的は以下のようなものがあります

1.ボールをとらえる感覚を身につける
2.バット振ることにより打撃に必要な筋力をアップさせる
3.ミートポイントの確認と正しいスイング軌道を身につける

ティーバッティングの方法

トスバッティング

A方式
2人組で、チームメイトがボールを打ちやすいところへトスし、これを打ちます。

※トスを行う方向については、それぞれの練習効果に合わせて、「後方」「真横」「斜め前面」「斜め背面」「正面」など、選手の様々なフォームの矯正や、バッティングの確認作業に役立つ様々な方法があります。
ティーバッティング B方式
地面に立てた棒(ティー)にボールを乗せて止まっているボールを打ちます。

A・B双方の方式で行った場合、
上記1・2・3の練習目的の中で、1・2については問題なく練習できますが、3については、Aの方法では大きな問題がでてきます。

※これが「ティーバッティングの問題点」です。
ではなぜ、Aの方式では問題があるのかを説明いたします。

センター返しがバッティングの基本へ

ページトップへ