Jet Hitter(ジェットヒッター)は、フォーム作りから実践感覚まで養える理想のニューバッティングマシンです。



センター返しがバッティングの基本

両肩と打球方向

ノックをする時のことを考えてみましょう!
サードへのノック時にノッカーの両肩(後肩と前肩が直線状に)がサードへ真っ直ぐに向かっていいます。ファーストへノックするなら、同様にファーストへ真っ直ぐに向っています。このことから、打球は後肩と前肩の延長線上に飛んでいくのが最も自然な状態であることが解ります。

アドレスと打球方向

投手と打者

タイミングと打球方向

投手のボールはマウンド(センター方向)より投げられます。一般的にバッターの後肩と前肩は、ピッチャーの方向、つまりセンター方向に向かってアドレスされています。この状態では打球がセンターに飛ぶことが最も自然な状態なのです。

バッティングの基本は投手のボールの起動に逆らわず打つことだと言われています。

両肩が直線状に並んだアドレスに対して平行に投じられた起動であれば、センター方向へはじき返してやることが自然なスイングを行っているということなのです。

ファールを打つ癖が付いてしまう

トスと打球方向

トスと打球方向

投手のボールはマウンド(センター方向)より投げられます。

したがって、「斜め前面」よりトスされる方式での練習では「正確なミートポイント」の確認と「正しいスイング軌道」を覚えることができずに、打球を引っ張る練習となってしまっているということなのです。

ファールを打つ癖が付いてしまうのです。

問題点を解決したティーバッティング練習機

バッティングの基本であるセンター返し、スタンスの位置変えやミートポイントの変更で左右両方向へのバッティング練習が自由に行えます。

また、地面に立てた棒(ティー)にボールを乗せて止まっているボールを打つことでは実現できないボールの中心よりやや下を叩くことによりボールにスピンをかける感覚を養うこともできます。
この感覚を身につけるにはロングティーとよばれる、グラウンドで外野に向けて打球を飛ばす練習方法が有効的です。

ページトップへ