Jet Hitter(ジェットヒッター)は、フォーム作りから実践感覚まで養える理想のニューバッティングマシンです。



ミートポイントを確認する

バッティングの基本はセンター返しですが、実戦では投手の投球にはストライクゾーンを有効に使ったアウトコースやインコースへの投球や高低の違い、角度、さらには変化球といった配球が投じられるのです。

また、戦術としてヒッティング方向を決めて打つ必要があるケースや投手を攻略する目的でねらう投球コースやヒッティング方向を決めることなどもあります。

以下では、ジェットヒッターを使用した練習方法を紹介いたします。

インコース打ち

インコース打ち

インコースの場合、体に近いところをボールが通ります。そのためバットの芯を体に近づける必要があります。
ポイントは、バットを引き寄せて打つだけでなく、ミートポイントを前に出すことです。

三塁側へファールになってしまわないように、体の軸を中心に回し、又、ヘッドが下がらないように意識し、強い打球を打てるように練習することが大切です。

アウトコース打ち

アウトコース打ち

アウトコースの場合は、インコースとは逆でバットの芯を体から離す必要があります。そのためスイング時間が長くなるので、ミートポイントを後ろに下げて打ちましょう。

右打者であれば、セカンドの頭上を、左打者であればショートの頭上を鋭いラーナー性の打球で抜けていくイメージの打球を打てるように練習しましょう。
この時、バットのヘッドが下がらないように注意しましょう。

ページトップへ