Jet Hitter(ジェットヒッター)は、フォーム作りから実践感覚まで養える理想のニューバッティングマシンです。



ロングティーによる練習

強い打球を打つこと、遠くに打球を飛ばすためにはボールの芯より少し下を叩きスピンをあたえることが理論上良いとされています。上を叩くとゴロに下を叩くとフライになります。また、真芯を叩いた場合は強い打球にはなりますが、ボールが回転しないため遠くへは飛ばないのです。

このボールの下を打つ感覚(実際には真っ直ぐに捉える練習をする)を身に付けるためには「ロングティー」とよばれる、グラウンドで外野に向けて打球を飛ばす練習方法が大変有効的です。

ジェットヒッターは空中にボールが静止していますので、地面に立てた棒(ティー)にボールを乗せて止まっているボール打つ場合と異なり、抵抗の無いボールを打つことができます。
また、斜め前方からのトスによる練習では実現できない左右両方向への打撃練習が可能です。

遠くへ飛ばす

ロングティー

ロングティー

ロングティーは、ミートポイント・スイング軌道・下半身と体全体を使ったフォームが身についていなければ、決して鋭い打球を遠くに飛ばすことはできません。

投手により投げられたボールのような反発力を利用することができないため、「当てるだけのバッティング」では力強い打球を打つことができないのです。

また、より練習効果を上げるためには、木製(竹製)バットによる練習をお薦めいたします。木製バットの小さく限られた芯でボールをミートする練習を行うことで、打撃技術を格段に向上させることが可能です。

ページトップへ